めでぃかるまん

プライベートなので、雑です。悪しからず…。

20210225アルドラーゼは筋原性酵素・麻痺性イレウスでは蠕動低下・ライム病はマダ二が媒介・ネフローゼ症候群は高コレステロール血症・Fallot四徴候はうずくまる・グレイターナーは重症急性膵炎の兆候・1型呼吸不全はPaCO2が45以下・Hueler症候群はムコ多糖症・基線細変動の消失はアシドーシスの示唆

アルドラーゼはCPKとともに筋原性酵素で筋障害を反映する

・中耳炎の起炎菌は、インフルエンザ菌や肺炎球菌

十二指腸穿孔では急性腹膜炎が生じ,麻痺性イレウスをきたす.麻痺性イレウスでは蠕動運動は低下する.

マクロライド系,ケトライド系,テトラサイクリン系,メトロニダゾール,ST合剤,キノロン系,クロラムフェニコール系の細胞内への透過性は良好である.

ヒトに感染症を惹起するほとんどの細菌は細胞外に存在する.しかし,レジオネラ(Legionella),クラミジアChlamydia)/クラミドフィラ(Chlamydophila)属,マイコプラズマMycoplasma)属,ブルセラBrucella)属,サルモネラSalmonella),リケッチア(Rickettsia)属,カンピロバクターCampylobacter)属,百日咳菌などは,マクロファージの中や他の宿主の細胞の内部で共存する

・ライム病は、野ネズミやシカが病原体スピロヘータ保有動物.シュルツェマダニなどのマダニが媒介.

ネフローゼ症候群は、リポ蛋白合成亢進により高コレステロール血症をきたす.

溢血点はうっ血や血圧上昇による毛細血管内圧の上昇などによって起こるとされる小さな点状出血であり,生前に形成されて死亡直後にも残っている.ただし,縊頸による窒息(首つり)の場合は溢血点が少数であることが多く,全くみられないこともある.

死蝋化(死ろう化)は異状死体現象の1つであり,死体が水中など湿潤な環境にあった場合に身体成分が腐敗せずに灰白色のやわらかいチーズやワックスのように硬化した状態をいう.死後1~2ヵ月経過して皮下脂肪織から死蝋化が始まる.

日本脳炎ワクチンは不活化ワクチンである

うずくまる姿勢(蹲踞squatting)はFallot四徴症の特徴的な症状

収縮期雑音は一般的には胸骨左縁第3肋間で聴取され,肺動脈弁狭窄(第2肋間)ではなく肺動脈弁下狭窄を示す.

動脈血炭酸ガス分圧PaCO2 )が45Torr以下はⅠ型呼吸不全,45Torrを超えるものはⅡ型呼吸不全に分類される.要するにPaO2が60Torr以下で,PaCO2が45Torrを超えているものがⅡ型呼吸不全である.

G-CSFは主に血管内皮細胞,マクロファージなどで産生され,骨髄系前駆細胞に作用し好中球への分化・増殖を促進する.造血幹細胞を骨髄から末梢血中へ動員する作用もある.

COPDでは胸郭の前後径が増大しビール樽状胸郭を呈する.

COPDでは肺野の気腫化の所見として,胸部X線写真で肺野の透過性が亢進する.

腹部単純X線検査は,腹部手術後の癒着による単純性イレウスの診断に際し,緊急に行うべき検査である.

胃部分切除後の癒着により通過障害をきたすと,狭窄部において腸内容物を通過させようとその口側腸管の蠕動運動が活発化し,腸蠕動音が亢進する

・Gray Turner徴候は、重症急性膵炎においてみられる,左側腹部の皮膚内出血斑である.臍周囲にみられるものをCullen徴候という.

筋強直性ジストロフィーは常染色体優性遺伝である.親よりも子世代の方が症状が重くなる表現促進現象がみられる.

ムコ多糖症であるHurler症候群は,常染色体劣性遺伝である

全肝がんのうち原発性肝癌よりも転移性肝癌の方が多い.

・Mモード心エコー

基線細変動の消失は胎児がアシドーシスに陥っていることを示唆しており,異常所見である(基線細変動の減弱であれば胎児の睡眠の可能性がある).

サイナソイダルパターンは胎児の重症貧血のサインとして重要