めでぃかるまん

プライベートなので、雑です。悪しからず…。

20210213RAAS系・ヨード染色食道がん診断・肝障害で手掌紅斑・頭蓋内圧亢進でうっ血乳頭・腸重積(target sign)の3徴候・GCSFは好中球分化亢進・IL15はNK細胞への分化を亢進

ACEには血中キニンを分解する働きもある(キニナーゼ)ためACE阻害薬により血中ブラジキニンは増加する.

ATⅡの抑制はアルドステロンの低下をきたす.アルドステロンは集合管でのカリウム排泄を促進するため,その抑制は高カリウム血症をきたす.

5量体となるIgMでは補体活性化能が高い.

コルチゾールは朝に向けて上昇する.プロラクチンは睡眠時に増加する.メラトニンは概日リズムを調節するホルモンで,睡眠時に増加する.

インジゴカルミン染色は,胃粘膜の微細な凹凸を際立たせて,病変の構造を鮮明にする.

ヨード染色は,早期食道癌の診断に用いる.(ヨード染色は,食道特有のグリコーゲン顆粒を染色する方法である.癌の進展範囲はグリコーゲンが減少しているため,不染となる.

「コーラと,午後ティーごっくん.生ハムと砂糖もどうぞ」

コーラ→Hb尿
午後ティーごっくん→CD55,59 欠損
生→NAP↓, MAP(輸血)=治療

ハム→Ham試験陽性
砂糖→砂糖水試験

精巣を覆う膜は,白膜,鞘膜,内精筋膜,外精筋膜,肉様膜などである.

介護保険の受給権者は65歳以上(第1号被保険者)のうち要介護者・要支援者,それに第2号被保険者のうち特定の疾病による要介護者・要支援者である.

手掌紅斑とは,肝疾患,肝硬変の患者にみられる皮膚所見の一つであり,手掌,特に母指球,小指球などに認められる紅斑である.

うっ血乳頭は,眼底にある視神経乳頭に生じたむくみが大きく腫れ上がり,充血した状態をいう.脳腫瘍や脳出血などの頭蓋内圧亢進が原因である.

羽ばたき振戦の生じているような患者にはCT,MRIは通常,好ましくない.その理由は,撮影時の息止めが行えず,ぶれた画像が撮影されてしまう可能性が高いからである

腸重積症は男女比約2:1と男児に多い。腸重積症の典型的な三徴候である「間欠的な激しい腹痛(不機嫌)」「嘔吐」「血性粘血便(イチゴゼリー状粘血便)」が揃っており,腹部超音波検査でtarget signを認めるため,腸重積症と診断できる.腸重積症の多くは生後3ヵ月から2歳の間に発症するため,年齢的にも合致する.回盲部に多い。target sign,pseudokidney signを認めれば,腸重積症と診断できる.

発熱,咳嗽,血痰など,呼吸器感染症を疑わせる経過であり,肺門リンパ節腫脹の存在が考えられる.

Ziehl-Neelsen染色にて赤く染まる桿菌は抗酸菌であり,経過からも結核菌(Mycobacterium tuberculosis)による肺結核症が考えられる.

ノンストレステストとは、胎児の心拍数を測定する検査

IL-2はT細胞増殖因子として同定されたサイトカインであり,T細胞の増殖を促進したり,細胞死を抑制したりする機能をもつ.

G-CSF(顆粒球コロニー刺激因子)は骨髄の好中球系前駆細胞に作用し,その増殖や分化,機能亢進などを促す.

IL-15はNK細胞の活性化に重要な役割を果たすサイトカインであり,その増殖を促進したり細胞傷害活性を増強したりする機能をもつ.またNK細胞の分化・成熟にも必須のサイトカインであり,IL-15を欠損したマウスではNK細胞の分化が阻害されることが知られている.